DVの加害者になるタイプ

ookawapin_546020140927112809500

暴力を振るう加害者については一定のタイプはなく、年齢、学歴、職種、年収に関係がないといわれます。人当たりが良く、社会的信用もあり、周囲の人からは「家で妻に対して暴力を振るっているとは想像できない」と思われている人もいます。

加害者の中には、家庭という密室の中でのみ暴力を振るう人もいますが、普段から誰に対しても暴力的で、見知らぬ人に対しても言いがかりをつけて暴力を振るう人もいます。

また、アルコール依存や薬物依存、精神障害等が関連して暴力を振るっていると考えられる人もいます。

加害者が暴力を振るう理由は様々あると考えられますが、その背景には社会における男尊女卑の考え方の残存があると言われています。

関連記事

  • DV防止法(配偶者からの暴力の防止及び保護に関する法律)DV防止法(配偶者からの暴力の防止及び保護に関する法律) DV防止法の目的 この法律は、今まで家庭内に潜在してきた女性への暴力について、女性の人権擁護と男女平等の実現を図るため、夫やパートナーからの暴力の防止、及び被害 […]
  • 暴力が被害者に与える影響暴力が被害者に与える影響 PTSD(外傷後ストレス障害) 被害者は暴力により、ケガなどの身体的な影響を受けるにとどまらず、PTSD(post-traumatic stress […]
  • 暴力の種類暴力の種類 身体的暴力・精神的暴力・性的暴力 一口に暴力といっても様々な形態があり、大きく分けると「身体的暴力」「精神的暴力」「性的暴力」に区分されます。 これらの様々な形態の暴 […]
  • 暴力から逃れられない理由暴力から逃れられない理由 暴力から逃げられない心理としては以下のようなものが挙げられます。 恐怖感 被害者は、「逃げたら殺されるかもしれない」という強い恐怖から、家を出る決心がつか […]
  • 配偶者から暴力を受けた割合配偶者から暴力を受けた割合 配偶者から暴力を受けた人はどれだけいるの? 配偶者からの暴力は、家庭内で行われることが多いことから、実際の発生件数を把握することは困難です。平成14年10月、内 […]
  • ドメスティックバイオレンスとはドメスティックバイオレンスとは 「ドメスティック・バイオレンス」とは英語の「domestic […]

コメントを残す

▼ 閉じる ▼

▲ 閉じる ▲

Return to Top ▲Return to Top ▲