ドメスティックバイオレンスとは

1e84aa2be10e98395692002beabdaa2d_s

「ドメスティック・バイオレンス」とは英語の「domestic violence」をカタカナで表記したものです。略して「DV」と呼ばれることもあります。

「ドメスティック・バイオレンス」とは何を意味するかについて、明確な定義はありませんが、一般的には「夫や恋人など親密な関係にある、又はあった男性か ら女性に対して振るわれる暴力」という意味で使用されることが多いようです。

ただ、人によっては、親子間の暴力などまで含めた意味で使っている場合もあり ます。内閣府では、人によって異なった意味に受け取られるおそれがある「ドメスティック・バイオレンス(DV)」という言葉は正式には使わず、「配偶者からの暴力」、「夫(妻)・パートナーからの暴力」などという言葉を使っています。

 

関連記事

  • DV防止法(配偶者からの暴力の防止及び保護に関する法律)DV防止法(配偶者からの暴力の防止及び保護に関する法律) DV防止法の目的 この法律は、今まで家庭内に潜在してきた女性への暴力について、女性の人権擁護と男女平等の実現を図るため、夫やパートナーからの暴力の防止、及び被害 […]
  • 暴力が子供に与える影響暴力が子供に与える影響 暴力を目撃したことによって、子どもに様々な心身の症状が表れることもあります。また、暴力を目撃しながら育った子どもは、自分が育った家庭での人間関係のパターンから、感情表現や […]
  • 配偶者から暴力を受けた割合配偶者から暴力を受けた割合 配偶者から暴力を受けた人はどれだけいるの? 配偶者からの暴力は、家庭内で行われることが多いことから、実際の発生件数を把握することは困難です。平成14年10月、内 […]
  • 暴力が被害者に与える影響暴力が被害者に与える影響 PTSD(外傷後ストレス障害) 被害者は暴力により、ケガなどの身体的な影響を受けるにとどまらず、PTSD(post-traumatic stress […]
  • 暴力から逃れられない理由暴力から逃れられない理由 暴力から逃げられない心理としては以下のようなものが挙げられます。 恐怖感 被害者は、「逃げたら殺されるかもしれない」という強い恐怖から、家を出る決心がつか […]
  • 暴力の種類暴力の種類 身体的暴力・精神的暴力・性的暴力 一口に暴力といっても様々な形態があり、大きく分けると「身体的暴力」「精神的暴力」「性的暴力」に区分されます。 これらの様々な形態の暴 […]

コメントを残す

▼ 閉じる ▼

▲ 閉じる ▲

Return to Top ▲Return to Top ▲